お知らせ
多様な薬

避妊の方法としてコンドームがメジャーですが、完全に避妊ができるわけではありません。
破れてしまったり、漏れてしまう可能性もあるため、使用しても妊娠してしまう場合があります。
また、コンドームは男性の協力がなければ使うことができません。
男性の中には違和感があるのでつけるのを嫌がる方もいます。
だからと言って何も避妊方法をしないまま性交渉をすると望まない妊娠をしてしまう可能性があります。
そのようにならないために女性自身が避妊できる方法が低用量ピルです。
低用量ピルは毎日一粒服用するだけで避妊することができます。
なぜかと言うと低用量ピルには女性ホルモン類似成分が含まれており、服用することで吸収されたホルモンが脳に作用して排卵を抑制するので妊娠を防げるのです。
女性は妊娠中、排卵する必要がなくなるので月経が止まります。
低用量ピルは服用することで、脳に身体が妊娠中と錯覚させることで妊娠を防ぐのです。
つまり身体自体を避妊状態にするため、コンドームより確実に避妊することができます。
その上、妊娠をしたくなったら服用を止めるだけなので簡単です。
ただし、効果を出すためには毎日飲み続ける必要があります。
飲み忘れると、1日分なら翌日に二日分服用するだけで済みますが、二回以上飲み忘れると生理が始まるので再度服用の仕方を調整しなければいけません。
また、前述したように低用量ピルは脳に身体が妊娠中と錯覚させるため、服用し始めは妊娠初期のような吐き気や倦怠感などの症状が出ます。
しかし、そのような症状は大抵は数週間で解消します。
また、低用量ピルには避妊以外にも生理不順の改善や生理諸症状の緩和、肌荒れの改善といった効果もあります。

記事一覧
薬を飲む女性

女性の避妊方法として知られる低用量ピルですが、使用することで女性に嬉しい効果もたくさんあります。 そ...

最近の投稿
アーカイブ
人気記事一覧