• ホーム
  • ソープ嬢も低用量ピルで子供ができるのを回避している

ソープ嬢も低用量ピルで子供ができるのを回避している

笑顔の女性

我が国においても、ようやく解禁となった低用量ピル、毎日飲み忘れることなくきちんと服用していれば、不用意に子供ができてしまうことを避けられるので、性産業で働くソープ嬢だけではなく、仕事を持つ一般女性にも広く浸透しているようです。
性産業で働く女性は、やはり望まない妊娠という問題に直面するリスクは格段に上がってしまうので、性感染症予防のためのコンドームと併用して、低用量ピルを服用している方も多いといわれています。
何より低用量ピルを服用していると、毎月の生理を狂いなく管理できるので、性産業で働く女性には便利です。
初潮を迎えてからは、妊娠期間以外は、毎月生理がやってくることは避けようがないことなので、性風俗業についている女性に取っては、生理期間は仕事を休まなければならなくなるので、カレンダーのように生理日をコントロールできることはとても助かります。
これは、一般の仕事についている女性に取っても同じことで、生理が非常に重い方などは、生理期間は心身ともに不調になるので、できるだけ大切な仕事の予定は入れたくありません。
ピルを服用することで、自分の生理日や期間があらかじめ把握できていれば、仕事もプライベートも万全の体調で挑めます。
また低用量ピルを服用するようになると、経血量が驚くほど減少するので、出血が多くて貧血になってしまうような方には特にお勧めです。
経血量が少なくなれば、必然的に腰痛などの生理痛もなくなり、生理期間も普段と変わらず過ごせるようになり、精神的にも楽になります。
また、生理前になるとわけもなくイライラしてしまう方も多いですが、ピルを服用するようになるとホルモンバランスが整うので、こういったメンタル面での不具合もなくなります。

関連記事
人気記事一覧