• ホーム
  • 低用量ピルは避妊効果だけではない

低用量ピルは避妊効果だけではない

薬を飲む女性

女性の避妊方法として知られる低用量ピルですが、使用することで女性に嬉しい効果もたくさんあります。
そのため、避妊以外の目的で使用される方も多くいます。
まず、低用量ピルには女性ホルモン類似成分が含まれているため、服用することで脳に身体が妊娠中と錯覚させます。
すると、子宮が休眠状態になるため妊娠しないのです。
つまり、生理をコントロールできるので生理不順な方が使用すると、生理周期の乱れを改善することができます。
また、生理は人によっては重い症状が出る方もいます。
酷い腹痛や出血で仕事や勉強に支障をきたす方もいます。
生理中に子宮内膜にある物質が子宮の収縮を促すと共に痛みを引き起こすからです。
しかし、ピルに含まれるホルモンはそのような症状を抑えるため、重い症状を緩和することができます。
また、生理になるとイライラしたり情緒が不安定になる場合もあります。
それはPMSという女性特有の症状ですが、低用量ピルの成分はこのPMSも抑えることができます。
そして、低用量ピルは生理以外の症状にも効果があります。
生理が近づくとニキビや吹き出物など肌荒れを起こしがちになります。
それは体内のホルモンバランスが乱れるためです。
しかし、低用量ピルには体内のホルモンバランスを整える作用があるので、ニキビなどの肌荒れを改善する効果があります。
また、子宮内膜症や子宮ガン、卵巣ガンなど女性特有の病気を防ぐ効果もあります。
このように低用量ピルには女性にとって嬉しい効果がたくさんあります。
重い生理症状で悩んでいたり、PMSを改善したいという方は低用量ピルの服用をおすすめします。
服用することにより不妊症の心配をする方もいますが、そのような心配はいりません。
使い初めに妊娠初期のような副作用があるだけです。
それも使い続ける内に解消されるので問題ありません。

関連記事