• ホーム
  • 低用量ピル服用での注意点

低用量ピル服用での注意点

微笑む女性

低用量ピルは含まれている、ホルモン剤の量が少ないピルの事を言います。
40年ほど前、ピルが一般的に広まった時代は高用量ピルしかありませんでした。
高用量ピルはホルモン剤の量が多く、服用すると急激に体内の女性ホルモンバランスが変わります。
ですので、副作用も強く出るケースが多かったのです。
一方、ホルモン剤の量を最小限に抑えた低用量ピルは、女性ホルモンバランスがゆっくりと変化するので、副作用を起こすリスクが少ないと言われています。
体への負担が少ないという事もあり、低用量ピルは急速に広まりました。
ただ、副作用がゼロという訳ではありません。
初めて服用する方の場合、最初に吐き気や頭痛、不正出血といった症状が起こるケースがあります。
これらの症状は基本、ピルの服用を続けていればストップするので安心です。
ですが、飲み続けても症状が治まらないという場合は、1度処方してもらったクリニックに相談しましょう。
この他に、低用量ピルを服用する際、注意したいのが毎日同じ時間帯に飲むという事です。
ピルはホルモン剤の作用で、体内の女性ホルモン量を一定に保ち、卵巣を眠らせ排卵を起こさないようにしています。
飲み忘れてしまうと女性ホルモンバランスが変化し、排卵してしまう恐れがあるのです。
もし、低用量ピルを避妊目的で服用する場合、飲み忘れによって妊娠のリスクが高まる為、注意しましょう。
また、毎日飲むだけでなく出来るだけ、同じ時間帯に服用する事も大切です。
同じ時間帯に服用する事により、より体内の女性ホルモン量が一定に保たれ、排卵が起こり難くなります。
正しく服用しなければ、避妊の効果は得られないという事を、忘れないようにしましょう。

関連記事