• ホーム
  • 自由診療で低用量ピルを処方された後の経過

自由診療で低用量ピルを処方された後の経過

低用量ピルとは何かと女性に聞けば、避妊薬と答える方が半数以上でしょう。
低用量ピルは、避妊薬の効果だけではなく、月経痛や月経前困難症、子宮内膜症の治療にも使われているお薬です。
低用量ピルには2種類の女性ホルモンが入っています。
卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストロン)の2種類です。
このホルモンを少量飲むことで、避妊をしたり、月経の様々なトラブルの改善に役立てています。
低用量ピルは、保険対象外ですので自由診療になります。
クリニックによって値段が異なりますから、自分の使用したい低用量ピルがある場合は値段を調べてから行くと良いでしょう。
平均すると1シートが2000~4000円程度の値段になります。
個人輸入を除いては、薬局などで購入することもできません。
まずはクリニックへ行き、お医者さんに、どのような目的で使用するのかをしっかり伝えてください。
問診後、必要に応じて検査をし、服薬しても問題ないと判断された場合、その後処方されます。
低用量ピルの副作用には吐き気や倦怠感、頭痛など妊娠時のつわりに似た症状が出ると言われています。
飲み始めが一番症状が出やすく、飲み続けていくと副作用が軽減されていくと言われていますが、あまりにも辛い症状が出た場合は、お医者さんに相談しましょう。
処方されました低用量ピルは、正しく服用してください。
1日でも飲み忘れてしまうとリセットされていまいますので注意が必要です。
服用後の経過をみるためにも、定期的な来院が必要になります。
初めて処方された方は1か月後、その後問題がなければ3か月ごとに経過をみていきます。
その際に、婦人科系の病気がないかを定期的に検査をするのも良いでしょう。

関連記事